03-5292-7858 info@sophia-net.com

私の住む町Jõgeva(ユゲヴァ)

Tere!アフヴェンです🤗

今回は私が住んでいる所を紹介したいと思います。エストニアには15の県があり、東部・中央あたりに位置するのが私が住む町でJõgeva maa(ユゲヴァ マー)です。Maa(マー)はエストニア語のMaakond(マーコンド)を短くしたもので、直訳すると群になりますが、日本に置き換えると県と同等だと思います。英語だとCounty(群)

ちなみに日本語で紹介されるときはヨゲヴァと書かれていることが多いですが、Jõgevaのõは日本語にない音でイ😬の口をしながらウ😗に近い音をだします。その為、「ユゲヴァ」の方が正しいと私は思うのでユゲヴァと表記させてもらいます。

画像引用元:Wikipediaエストニアの県

ユゲヴァ県のHPによると・・・ 【人口:13,444人 (01.01.2020)、最大の町:Jõgeva (4893人)、面積:1084,33 km2、学校:11校、幼稚園:10園、ホビースクール:2か所、村:94、タウン:1、小さいタウン:3】とあります。よく分からないかもしれませんが、1県に対して学校などの数を考えるととても小さいことが分かると思います乙女のトキメキ

エストニアの人がユゲヴァと聞くと、一番寒い都市と思い浮かべます。それは別名Cold capitalという異名?が付いているからです。(エストニアは季節ごとの異名が付いた都市があります^^)というのも、エストニアでこれまでに記録された最低気温が、1940年1月17日のユゲヴァの気象観測所で雪の結晶―43.5度雪の結晶だったからです!!!!ポーン人が生きられるんですか????アセアセと言いたくなります。私は現時点で―20度しか体験していません。まだまだ新人です。私は寒いのが嫌いでなぜよりによって”Cold capital”に住んでいるのか、ふと疑問に思いつつ生活しています・・・真顔遠い目

↑歴代の最低気温を記念したモニュメント。-36,7は2003年に記録した気温だそうです。

画像引用元:ユゲヴァ県HP

 

私が住むJõgeva(ユゲヴァ)はユゲヴァ県のユゲヴァ町なので、県内では一応大きい町になります。駅やバスターミナル、市役所、警察署、公証役場?があります。ここまで読むと割と大きめの町を想像すると思いますが、本当にすべてがコンパクトな感じです。徒歩で10~15分も歩けば住宅地から外れて自然豊かな風景が楽しめます。日本人からすると片田舎の町ですが、エストニアの人からするとベッドタウン的な町なんだと思います。Elron(エルロン)というディーゼルで走る列車駅があるので、ここからタリンやタルトゥ(※第二都市)の都市へ行くことができ、タルトゥが比較的近いので仕事へ出て帰ってくる人も居ます。

今は町の広場を大きく新しく拡張する予定があるのでこれからきれいになっていく予定とのこと。ホテルも建設中!





←エストニアの風物詩。リンゴの収穫時期になると食べきれない物をこのように道に置いて必要な人にあげます。これはエストニア全土の住宅地で見られる風景です。微笑ましいですねニコニコ

 

ユゲヴァの駅はこんな感じ。1枚目が現在の駅・2枚目が昔使われていた駅舎です。画像引用元:新ユゲヴァ駅(1枚目のみ)
昔の駅舎の方が味があり色もきれいなので好きなのですが、簡素なプラットフォームのみの駅にしたようですね。位置と予算の関係なんでしょうか・・・。キョロキョロアセアセあと、小さい町には踏切がありません!自己責任です!!目



駅の近くにはエストニアでは有名な詩人Betti Alver(ベッティ・アルヴェル)の博物館があります。エストニア人の子供は半ば強制的に学校などで読まされるようです(私の夫談 笑)実はまだ行った事ありませんが、いつか行ってみたいと思います。外観は薄い水色がとてもきれいです。博物館を記念したモニュメントも近くの公園に建てられています。


バスターミナル↓

カルチャーセンターの裏にはステージがあり、イベントがあると催しが行われたりします。

ヤーニパエヴ(Jaanipäev)という夏至祭の様子。コロナ前ですショボーン

夏に開かれるイチゴの販売所↓

最近できた教会とロシア正教会(小)
ユゲヴァにある高校。学校っぽくないヨーロピアンな建物だなと思いました。

以上がユゲヴァの町ですが他にも魅力的にな地域があり、別の機会に改めて紹介できたらと思います。
今回は簡単に紹介します!

 

Mustvee(ムストゥヴェー)にはロシアとの国境にもなっている大きい湖Pepsi järv(ペプシ湖)があり、夏になると多くのエストニア人が泳ぎに来たり、スモークフィッシュや玉ねぎが至るところで売られていたりします。海に近い町というのはいいですよね^^ここはユゲヴァ県の行政区域の一つです。

Puurmani(プールマニ)は自然豊かな場所で美しいマナーハウスが残っています。今は学校として再利用されています。こんな学校も素敵かも。紅葉の時期は本当にきれいでした。川で魚をつるおじさんたちやカップルも見かけました。


Palamuse(パラムセ)は有名なエストニア文学の著者Oskar Luts(オスカル・ルッツ)を生み出したといっても過言ではない町です。照れ日本では全く知られていませんが、エストニア国内では彼の本は有名で「春」など季節に関連した本を出しています。映画化もされエストニア人の暮らしを描いたもので今でも親しまれています。彼の通った学校がこの地にあり、今は博物館もあります。けっこう見ごたえのある博物館で英語表記もあります。物語のシーンが再現された部屋もあり楽しいです。内容が分かればもっと楽しいのでしょうが、エストニア語という高いハードルがあるのでしばらくは難しそうですキョロキョロアセアセこちらでもマーケットが開催されますニコニコ





↑オスカルおじさんと一緒

Põltsamaa(プルツァマー)はお城の跡が残るところで、ユゲヴァ県の3つの行政区域のひとつ。ここはまだ詳しく探索していないのでこれから知っていきたいと思います。


さらっと紹介してみましたが、Jõgeva(ユゲヴァ)はいかがでしたでしょうか?

コンパクトながらも広い範囲で見ると魅力的な場所がたくさんあります。正直、車がないと気軽に旅行できる場所ではないと思いますが、考え方次第では楽しめるかと思います。今後はもう少し発展して変わるかもしれませんが・・・。

もし機会があればぜひ訪れてみてください。今日はこの辺で…

Head aega(ヘアド アエガ)👋🏻

アーカイブ

最近投稿した記事

イラン家庭料理の定番;ゴルメサブズィとそれにまつわる話題
2021年5月24日
イランの家庭料理のご紹介;肉・ナスのトマトペースト煮込み、シーラーズ風サラダ
2021年4月23日
イラン北部の郷土料理・ミールザーガーセミーをどうぞ
2021年3月25日
手軽に作れるイラン式のデザート・カーチーをどうぞ
2021年2月20日
イラン北西部の伝統手工芸・マメガーン刺繍
2021年1月24日
イランの文化に見るパン
2020年12月25日