料理

カレフ(チョコレート)オススメお土産5選!味の感想と口コミも紹介

カレフ(Kalev)と言えば、エストニアで知らない人はいない、超老舗のお菓子会社。

口コミにも必ず出てくる、最も有名で、最も古いお菓子の会社と言えばカレフです。

カレフのチョコレートは、とてもおいしく繊細な甘さが、日本人の口にとてもよく合います。

カレフの専門店が、タリンやタルトゥなど都市部にあり

専門店でなくても、スーパーマーケットで、気軽に買う事ができますが

専門店でしか買えない、量り売りチョコレートや、ショーケースに入った高級なお菓子もあります。

チョコレート以外にも、色々な種類のお菓子が売られ、マジパンもカレフの有名な商品のひとつです。

エストニアの「お土産、何にしよう?」と、考えている方はぜひ参考までに。

そうでない方も、読んで楽しんで頂ければ幸いです。

ここではチョコレートに焦点を当てて

私が個人的に選んだ
お土産にオススメなチョコレート

味の感想と一緒にご紹介いたします!

エストニアの老舗 カレフ(Kalev)の歴史

1806年に、砂糖菓子職人のロレンツ・カヴィーゼルは、タリンのピックストリートにある、現在のマイアスモックカフェの場所に、洋菓子店をオープンしたのが、始まりです。

エストニア国内での、菓子産業の基盤を築いたとも言えます。

マジパンと、手作りのチョコレート菓子は、特に人気があり、ロシア皇帝の宮廷からも愛されていました。

ソビエト占領時には、国有化され合併を繰り返す、などありました。社名がKalevになったのはこの頃です。

ソビエト崩壊後、カレフは民営化し、エストニアを代表する老舗として、今も国内・海外から、愛された存在となっています。

マイアスモックカフェ内

カレフ(チョコレート)オススメお土産5選!

エストニアのチョコレート ナッツ入り

引用画像:kalev.eu

”エストニア”がパッケージに描かれたチョコレート。個包装もエストニアの旗になっています。

中はカシューナッツが入ったダークチョコレートで、食べやすく甘さも控えめでおいしいです。

ばらまき土産にも、箱ごとお土産にするのもオススメです!

Kalev 7種類のお気に入りミックスパック

引用画像:kalev.eu

たくさん種類があって選べない!という方には、こちらをオススメ!

カレフチョコレートの、7種類のチョコレートが一袋につまって、ばらまき土産にもぴったり!

1度にたくさん楽しめるお得感と、持ち帰る時も、かさばらなくていいですね!

中身は、ティーナ、カセケ、メシカップバー、トゥム、タリン、パイナップル、マイウスパラ、というチョコが入っています。

紫のパッケージのティーナは、中にラム酒風味のマーマレードが入った、甘くておいしい、ちょっと変わったチョコレートです。

カレフ定番チョコレート

カレフのスタンダードなチョコレートと言えばこれです。

ミルクチョコレート、ダークチョコレート、ホワイトチョコレートの中に、フルーツやナッツが入った、色んな種類の味が楽しめます。

ビスケットが中に入った、ティラミス風味は、触感がよく甘いのがお好きな方におススメ。

クリームコーヒ―味は、砕いたコーヒー豆入り、ビターな味とミルクチョコレートの甘さが、ちょうどいいバランスです。

その時の気分や、好みに合わせて、好きなチョコを選べるのが魅力的です!

左:クリームコーヒー味 右:ティラミス味
新しいパッケージのヘーゼルナッツとミルクチョコレート味

Mesi-käpp シリーズ

可愛い熊のキャラクターが目印のチョコレート。
MESI-KÄPPは”はちみつの手(paw)”=熊を意味しています♪

板チョコ以外に、一口サイズのチョコや、ウエハース、クリスピーのチョコボールなどなど、たくさんの種類のお菓子が売られています。

カレフの専門店には、Tシャツやリフレクターが、売られていることもあるので、必見です!

リフレクター
こちらはTシャツ(子供用)

VANATALLINN

エストニアで有名なお酒、VANA TALLINN(ヴァナ タリン)のチョコレート版。

期待通り、中にはアルコールが入っているので、大人へのお土産におススメです。

ヴァナタリンのリキュールと、カレフチョコレートの相性バッチリで、昔から愛されています。

お酒は持って帰れないけど、お土産にしたい!という方はこちらを検討してみてはいかがですか?

その他にも気になるチョコレート

カレフエピックチョコレート(エピックシリーズ)

エストニアに昔から語り継がれてきた、叙事詩カレヴィポエグの登場人物が描かれた、ビッグサイズのチョコレート。

裏にはキャラクターの説明が書いてあります。これを読めばさらにエストニア通に!

本当に大きいです!

Nurr(ヌールー)

小さいお子様へのお土産に、ぴったりなミルクチョコレート。

中にマシュマロや、マーブルチョコレートの様なお菓子が入っていたりと、まさに子供が好きそうなチョコレートも売られています。

普通の板チョコもあるので、大人でも楽しめます。

Nurrはエストニア人が聞こえる、猫の鳴き声です。

発音する時はRは巻き舌で言ってみましょう!

カレフ215周年記念コレクション

カレフが2021年に創設から、215周年を記念して、販売されたチョコレート。

パッケージがレトロでおしゃれなのが特徴です。

ミルクチョコレート、ダークチョコレート、ホワイトチョコレートと、どれも安定のおいしさ。

中にはクリームが入っているものや、小さいバー、お土産にぴったりな大きい箱や缶に入った物もあります。

MAIUSPA(マイウスパラ)
引用画像:https://kalev.eu

1956年に発売されてから、カレフの定番商品のひとつにもなっているマイウスパラ(maiuspala)チョコレート。

エストニア人の女の子とひよこが可愛い目を引くパッケージ。

ローストアーモンドとブランデーが入ったチョコレートで、外はカシューナッツで覆われ、食べ応えがあります。

Tänan Sind(タナン シンド)

日本人イラストレーター、にしかわなみさんがデザインされた、メッセージ付きチョコレートBOX。

「Tänan sind(ありがとう)」は、ラム風味のチョコレートが入っています。

エストニアで日本人がデザインした、チョコレートボックスに、特別な思いを乗せて贈りましょう。

他にも、ラズベリー味の「Kallis(最愛の人)」や「Palju õnne(おめでとう)」等あります。

にしかわなみさんのInstagramより引用:@namiharinezumi

専門店だけ!

カレフ専門店でしかお目にかかれない商品もあります。

上記で紹介したリフレクターもそうですが、チョコボールの量り売り、カウンターに並んだ高級な手作りチョコレート、などがあります。

マジパンで出来た、かわいい動物やエストニアの国旗も売られていて、スーパーでも見かけることはありますが、豊富な種類があるのは専門店だけ!

こちらもお土産にオススメです!

カレフ(チョコレート)オススメお土産5選! まとめ

カレフ(チョコレート)のオススメお土産5選!を紹介しましたが、ときめくものはありましたか?

紹介したのは、ほんのほんの一部にしかすぎません!

チョコレート以外にも、おいしいお菓子がたくさん売られているので、直接目で見て確かめに来てください。

日本では売られていない物ばかりですが、一部インターネットで、売られている様なので、そちらも確認してみてください。

カレフ商品が日本で買えるサイト北欧雑貨さんのHPはこちら

エストニアのKalevのHPはこちら