料理

【エストニア家庭料理】ライム(バルチックニシン)マリネのレシピと味の感想を紹介!

エストニアではライムRäim)という魚が、昔から家庭料理の一つとして、親しまれています。

新鮮なライムを大量に買い、数日かけて食べる、保存食でもあります。

スーパーのお惣菜売り場に、必ずあるので、気軽に買う事もできます。

「よく食べられてる魚って、ニシンじゃないの?」

とエストニア通の方は、思われると思いますが、このライムもまた、エストニアの家庭では人気の料理です。

個人的にも大好きなライムについて

味の感想とレシピをご紹介します!

【エストニア家庭料理】ライム(バルチックニシン)ってどういうの?

引用元:filateelia.ee

エストニア語でライム(Räim)、と呼ばれていますが、英語ではバルチックヘリング(バルト海ニシン)と言います。

実はライムもまた、ニシンの仲間なんです。

エストニアで食べられている、ニシンは、バルチックヘリング(バルト海ニシン)と

アトランティックヘリング(大西洋ニシン)があり、エストニア語名はHeeringas(へーリンガス)といいます。※正式名称はAtlandi heeringas

ライムは体長20cm未満と小さめで、大西洋ニシンの亜種だそうです。

2007年には、エストニアの国魚として、登録されました!

気になるライムの味の感想は?

エストニアの人は、ライムをどのように食べるのかと言うと

ビネガーでマリネにしたり、サワークリームとディルでマリネしたり、フライにしてそのまま食べたり、フライをビネガーでマリネしたりします。

マリネが多いですね!

ライム自体に強い味はないですが、マリネによって味を楽しめるようになっています。

骨ごとパクっと食べられ、小ぶりなので、食べやすいと思います。

エストニアの家庭によっては、一度に5kgほどのライムを買い、何日もかけて食べるのが一般的です。

その為長期保存に適した、マリネにする料理方法が多いのだと思います。

上の方でも書きましたが、お惣菜売り場で、気軽に買う事ができるライムは

トマトペーストやビネガーでマリネされた物が、缶詰でも売られています。

私は安くなっている時に、よく買って食べています。

スーパーでこのように売られている

【エストニア家庭料理】ライム(バルチックニシン)マリネのレシピ公開!

4人分

用意するもの

ライムの下処理した物 500g
小麦粉 大さじ2~3
卵 2個
塩 適量
油 適量

~マリネ用~
水 500ml
玉ねぎ 1個
にんじん 1本
こしょう粒 5粒
オールスパイス(あれば) 2粒
月桂樹の葉 1枚
砂糖 大さじ2
塩 大さじ1
酸度30%のお酢 大さじ2

底の深い器

作り方

1. 下処理したライムに、塩をふり、1時間ほど置く。

2.ライムを小麦粉、溶いた卵の順につける。

3.鍋に油をひき、濃いめのきつね色になるまで焼く。

4.マリネ用の玉ねぎとにんじんを輪切りにする。

5.鍋に水をいれ沸騰したら、4を入れ、柔らかくなるまで茹でる。

6.酢以外のすべての調味料を入れ、弱火で5〜6分煮る。

7.酢を加え、火を止め冷ます。

8.底の深い器にライムを入れ、冷ましたマリネ液を加える。この時ライムが完全に液につかる様にする。

9.一日寝かせて、完成!

一晩おくことで骨が柔らかくなり食べやすくなります。

冷蔵庫で約 5 日間保存できます。

ポイント!

マリネ液が熱すぎると、ライムが柔らかくなりすぎたり、壊れたりする可能性があるので、冷ましてから注ぐと良いですよ。

まとめ

エストニアの家庭料理、国魚でもあるライム(Räim)を、紹介しました。

レシピはがいかがでしたか?簡単に作れそうでしょうか。

日本では馴染みのない、酸度の強いお酢を使う所が、エストニアぽさでもあります!
エストニア人は酸っぱい食べ物が好きです。

このブログで少しでもエストニアの事を知ってらえたら幸いです。

エストニアに観光に来る際に、試しに食べてみてくださいね。

フリカデリスップのレシピ(作り方)を紹介!必要な食材と味の感想もエストニアでは、ランチ・ディナーにスープのみ、というのは珍しくありません。(もちろんライ麦パンは必須!) 今回ご紹介するのは ...